すべて
  • すべて
  • 栄養と健康
  • レシピ
  • くるみコラム
  • くるみについて
  • 研究発表
  • ニュース

上記よりカテゴリの絞り込みも可能です

検索

検索結果(件)

    くるみチーズ 

    吸収率の良いチーズと一緒に♪ちょい足しやおつまみにも、アレンジ自由自在☆

    • 調味料・ペースト
    • 間食
    • おつまみ

    材料(4~6人分) 

    • チーズ

      1+3/5 カップ

    • くるみ(半分に切る)

      約140 g

    • 適量

    • イタリアンパセリのみじん切り

      適宜

    • くるみ油(飾り用)

      適宜

    • 生野菜、クラッカー

      適宜

    [A]

    • キャノーラ油またはグレープシードオイル

      大さじ 2

    • 乾燥酵母

      大さじ 2

    • レモン汁(直前に搾る)

      大さじ 2

    • 白味噌(赤味噌または甘めの味噌)

      大さじ 1

    作り方

    • 大きめのボウルにくるみを入れ、8~10㎝程度かぶるくらいにたっぷりの水を加え、12時間以上室温に置いておく。
    • 1 の水を捨て、くるみを冷水で洗う。フードプロセッサーでペースト状にし、[A]を加えて、さらに滑らかなクリーム状になるまで 5分以上攪拌する。(攪拌しやすいよう、水大さじ1~2 を加えてもよい)途中、容器の側面に付いたものをこすり落とし、味を見て、塩で好みの味に調える。
    • 2 を二重のチーズクロス(約 46×30㎝ 程度の大きさ)の上に移し、よく洗った濡れた手で長さ 15㎝くらいの筒状にまとめ、チーズクロスで覆ってクルクルまく。クロスの端はねじって塊りの下にしまい込む。
    • ボウルの中に粉ふるい(こし器)を置き、3 をのせる。室温で12時間置いて水分を出す。熟成チーズのできあがり。
    • いただく直前に冷蔵庫で20分ほど冷やしてからチーズクロスを外し、パセリのみじん切りを散らしたオーブンシートの上で転がして、パセリをまんべんなくコーティングする。両端にもパセリをまぶしつけ、生野菜やクラッカーと一緒にいただく。

    くるみメモ

    作り方 2 のくるみピュレを、そのままスプレッドとしていただいてもよい。
    20分ほど冷蔵庫で冷やし、ハーブのみじん切りやくるみ油をトッピングし、生野菜やクラッカーにのせていただく。
    作り方 4 の熟成チーズを焼いていただく方法もある。オーブンを95度に予熱し、天板にシリコンマットかオーブンシートを敷き、中段にセットする。
    チーズクロスに包んだ状態の熟成チーズをのせ、チーズの表面が固まるまで35~40分焼く。最長で1日、室温に置くか冷蔵庫で冷やし、作り方の 5 同様、パセリをまぶして、生野菜やクラッカーと一緒にいただく。
    ※注:乾燥酵母はチーズ独特の香りを引き出すため、非常に重要です。健康食品の店やベジタリアン向けの食品を販売しているスーパーで買えます。

    RECOMMENDED RECIPES 関連レシピ

    WALNUT COLUMNS くるみコラム