すべて
  • すべて
  • 栄養と健康
  • レシピ
  • くるみコラム
  • くるみについて
  • 研究発表
  • ニュース

上記よりカテゴリの絞り込みも可能です

検索

検索結果(件)

    ヨガと食!内山理名さんのキレイの秘訣

    2018/09/11

    ヨガと食!内山理名さんのキレイの秘訣

    『おは(8)よ(4)う』にちなんだ2018年8月4日「朝活の日」、東京タワーにて、朝のライフスタイルマガジン「朝時間.jp」と、ヨガイベント“ASAYOGA”を手掛ける「ラブスポ東京」との共同ヨガイベントが開催されました。
    その朝ヨガイベントのヨガ講師を務めたのが、ヨガインストラクターの資格「全米アライアンス200(RYT200)」を持つ女優の内山理名さん。

    朝日がめいっぱい差し込む東京タワーの展望台で 1時間のヨガレッスンのあと、くるみを使ったスパニッシュオムレツ、くるみと桃のコンポート、フルーツを入れたココナッツヨーグルトの朝食を楽しみながらトークショーを開催いたしました。

    女優・ヨガインストラクター
    内山理名(うちやま りな)

    1981年11月7日、神奈川県出身。女優として数々の映画やドラマなどに出演し、CMなどでも幅広く活躍中。全米ヨガアライアンスRYT200の資格を保有し、ヨガのインストラクターとしての活動も注目を集める。
    ヨガを通して健康的な食についても関心が高まり、今年から土にこだわっているFARMにて農業の勉強を開始。趣味の料理でも食材そのものの力を活かしたレシピ考案を心掛けている。その他、マインドフルネス、ガーデニング、アロマテラピーなど多趣味。

    体のキレイは心のキレイ!私が思う‛食のヘルシールール’とは

    トークショーでは、「ヨガを通して変化したこと」や「食事へのこだわり」などについて、内山さんにお話いただきました。

    ● 自分を内観する
    ヨガを通じて特に感じたのは心の変化’だとか。
    ヨガをするようになって最も変わったことは、「自分を知る」ことだったという内山さん。呼吸や体の固さ、自身の思いについてなど「自分のことって意外と知らないのだな」と気づかされたそうです。
    また、「人と比べない」ということもヨガを通じて学び、大切にしていることだそう。

    ● 悩んだ時は俯瞰
    誰しも、いつも前向きな気持ちでいても時には落ち込んでしまうこともありますね。
    悩んでしまった時に内山さんが大切にしているのは、「俯瞰(ふかん)」して自分を見ることだそう。「わたしは今これに悩んでいるのね」と、悩みから少し距離を置くようにすることで、心が悩みでいっぱいになることなく、気持ちを落ち着かせることができるのだとか。

     ● 食事は‛素材’にこだわる
    「素材のありのままを生かして作ったものを食べると、体が喜ぶ」という内山さん。
    カロリーや栄養価だけを気にするのではなく、その時々の体調や好みを大切にしながら、体が喜びそうな食材を選ぶのだそう。

     

    朝食会では、『くるみが大好き』という内山理名さんに、このイベントのために考案いただいたものをレストランでアレンジしたメニューを楽しみました。

    朝食会☆スペシャルメニュー

    • ●くるみのスパニッシュオムレツ

      アンチエイジングにもおすすめの卵に食感をプラスできるくるみ。朝の目覚めにピッタリです◎

    ●桃のコンポートとくるみ入りのココナッツヨーグルト
    味わい深いコクがお気に入り♪くるみを加えて食感!腸活にも!

    • 卵とくるみのスパニッシュオムレツ卵とくるみのスパニッシュオムレツ
    • 桃のコンポートとくるみトッピングヨーグルト桃のコンポートとくるみトッピングヨーグルト

    asajikan.jp-yogaevent

     

    効果的なヨガを!開始前にはくるみを少々

    今やヨガ人口(潜在者含む)は1600万人、マーケットは2600億円ともいわれている日本のヨガ事情。(ヨガジャーナル日本版 日本のヨガマーケット調査2017

    では、そんなヨガを効果的におこなうにはどうすればよいと思いますか。

    食後やまったくの空腹時は、筋肉の活動が抑制されたり、糖分不足になったりしてヨガの効果が半減してしまうことがあります。

    そんな時には迷わず、開始前にくるみを少々。

    くるみは、ナッツ類 No.1 の「オメガ3脂肪酸」含有量を誇ります。

    オメガ3脂肪酸は体に良い脂肪とされ、くるみをはじめとする植物由来のオメガ3脂肪酸を摂取すると全死因死亡リスクを低下させる、糖尿病リスクを下げる効果がある等、数々の健康効果が研究により証明されています。

    また、くるみは小さなタッパや袋に入れるなどして、季節を問わず持ち歩きやすく、おやつ感覚でサクッと口に含むことができます。少量でも満腹感を得られ、よく噛むことになりますので全身の活性化にもつながります。

    食べ飽きてきたら、塩をまぶしたり、メープルシロップと和えて糖分も一緒に補給する、などのアレンジをしてみてもいいですね。

    ヨガとくるみの素敵な関係。ぜひご活用ください。

    asajikan.jp-yoga

    (内山理名撮影:古谷呂敏/ほか撮影:忠地七緒)

    朝時間.jp イベント詳細へ

    WALNUT COLUMNS くるみコラム

    RECOMMENDED RECIPES 関連レシピ