すべて
  • すべて
  • 栄養と健康
  • レシピ
  • くるみコラム
  • くるみについて
  • 研究発表
  • ニュース

上記よりカテゴリの絞り込みも可能です

検索

検索結果(件)

    ナッツ類を加えた地中海食がメタボリック症候群にもたらす効果:PREDIMED無作為化試験の1年後の結果 Effect of a Mediterranean diet supplemented with nuts on metabolic syndrome status: one year results of the PREDIMED randomized trial.

    2008/12/31

    発表年月 2008年12月
    書名 Arch Intern Med.2008 Dec8;168(22):2449-2458
    著者 Salas-Salvado J, Fernandez-Ballart J, Ros E, Martinez-Gonzalez MA, Fito M, Estruch R,Corella D, F iol M, Gomez-Gracia E, Aros F, Flores G, Lapetra J, Lamuela-Raventos R, Ruiz-Gutierrez V, B ullo M, Basora J, Covas MI; for the PREDIMED Study Investigators
    研究機関 Spanish Ministry of Health and PREDIMED Study Investigator Facilities and Affiliations
    概要 本研究では、PREDIMED開始から1年後の、地中海食と典型的な低脂肪食によるメタボリックシンドロームへの影響を比較した。『P revencion con Dieta Mediterranea(PREDIMED)研究』で被験者とした心血管疾患リスクの高い55~80歳の被験者のうち1,224名を対象に、低脂肪食もしくは以下の3種類の地中海食のいずれかを割り付けた。
    1)くるみを主とする3種類のナッツ(くるみ15g、ヘーゼルナッツ7.5g、アーモンド7.5g)を含めた地中海食
    2)オリーブオイルを含めた地中海食
    3) 標準的な低脂肪食
    2種類の地中海食群には、果物、野菜、魚の摂取量を増やし、牛肉や加工肉を白身肉に代え、ニンニク、タマネギ、ハーブでトマトソースを手作りし、日常的に飲酒している場合は赤ワインを飲むよう助言した。
    結果 メタボリックシンドロームの発症率は、くるみを含めた地中海食の摂取群で13.7%と最も大きく低下し、オリーブオイル群では6.7%低下した。一方標準的な低脂肪食の対照群は2%の低下に留まった。くるみを含むナッツ類を補った伝統的な地中海食は、メタボリックシンドロームの有益な抑制手段であると結論された。

     

    WALNUT COLUMNS くるみコラム

    RECOMMENDED RECIPES 関連レシピ

    twitter