スペインの一次脂質異常症患者における血清リン脂質中の脂肪酸と内膜中膜厚
Fatty acids in serum phospholipids and carotid intima-media thickness in Spanish subjects with primary dyslipidemia.

2010/07/31 心疾患
発表年月
2010年7月
書名
J Am Coll Nutr.2010 Jul;92(1):186-193
著者
Sala-Vila A, Cofan M, Perez-Heras A, Nunez I, Gilabert R, Junyent M, Mateo-Gallego R
研究機関
バルセロナ大学病院
概要
このクロスオーバー研究は、不飽和脂肪酸を多く摂取することによる、虚血性心疾患(IHD)リスク のあるスペイン人被験者のアテローム性頸動脈硬化への影響を調べるために行った。無症状の一次 性脂質異常症患者451名(男性261名、女性190名、平均年齢45歳)の血清ホスファチジルコリン 中の脂肪酸濃度と頸動脈厚を評価した。
結果
一次性脂質異常症患者の頸動脈厚と、オレイン酸、αリノレン酸(ALA)、ドコサヘキサエン酸のリ ン脂質の割合の高さは逆相関していた。特定の脂肪酸を多く摂取することは、スペイン国民の虚血 性心疾患(IHD)発症を抑制する一手段となる可能性が示唆された。