くるみに結腸がんリスク要因の抑制効果の可能性
韓国の研究で明らかに

2016/05/10 がん

くるみの脂質抽出物(WLE)が結腸がん幹細胞を標的に、がんを抑制する可能性について、韓国の研究者による新たな研究結果が『フードサイエンス・アンド・バイオテクノロジー』誌上にて、発表されました。

カリフォルニア くるみ協会による韓国初の研究が示した重要な成果は、がんの予防活動に大きく貢献するものと思われます。「くるみの脂質抽出物の組成分析および自己複製能の抑制によるがん幹細胞の増殖に対する抑制因子としての特性(Compositional analysis of walnut lipid extracts and properties as an anti-cancer stem cell regulator via suppression of the self-renewal capacity)」という論文が、韓国の学術誌『フードサイエンス・アンド・バイオテクノロジー』の最新号に掲載されました。その論文で、くるみの脂質抽出物が、結腸がん(世界のがんによる死因の中で2番目に高い)幹細胞(CSC)の自己複製能を抑制する効果がある可能性が明らかにされています。

梨花女子大学の栄養科学・食品マネジメント学部のキム・ユリ教授(この研究の主任研究員)の研究チームは、くるみの脂質抽出物(WLE)の成分に結腸がん細胞の増殖抑制効果があるかを調べました。結腸がん幹細胞(CSC)は腫瘍の中に存在する小さな細胞の亜集団で、自己複製能を持っています。そのため、腫瘍の転移率を高め、放射線や抗がん剤に対する抵抗力を強める可能性があります。

「結腸がんは有効な治療法が限られており、がんによる主要な死因の1つとなっています。そのため、これらの研究成果は栄養学界にとって重要です。この研究によって、結腸がんの治療にくるみが効果的である可能性が示されました」とキム教授は述べています。さらに同教授は「食生活におけるくるみの有益な効果は、これまでも認められてきました。この研究成果は、結腸がん、乳がん、前立腺がんの分野における過去の研究の上に築かれたものであり、くるみのがん予防効果を理解する上で、一歩前進したことになります」と付け加えています。

脂肪酸やトコフェロールなどくるみの脂質抽出物に含まれる複数の成分を摂取することで、結腸がん細胞を標的とし結腸がんに対する十分な予防効果を発揮する可能性があります。
「この研究成果は、がんの予防にくるみが果たす役割を私たちが理解する上で、非常に役立つものです

」と、カリフォルニア くるみ協会CEOのデニス・A・バリントは述べています。「カリフォルニア くるみ協会は、がんに対するくるみの優れた効果についてさらに強力な証拠を確立すべく、今後も調査研究に取り組んでいきます。」

結腸癌の罹患率が世界184か国中第20位と高い日本においてもこの研究結果は意義のあるものです。厚生労働省によれば、大腸がんによる死亡率は、女性人口10万対34.6とがんの発生部位の中で最も高く、男性人口10万対42.9と肺がん、胃がんについで高くなっています。

1:Jemal A, et al. (2011) Global cancer statistics. CA: a cancer journal for clinicians 61(2):69-90.
2:Kim Y, Choi SW, Chung J, Kim YS, Lee J. Walnut lipid extract inhibits colon cancer stem cells by suppressing their self-renewal capacity in vitro. XX
3:Ferlay J, Soerjomataram I, Ervik M, Dikshit R, Eser S, Mathers C, Rebelo M, Parkin DM, Forman D, Bray, F. GLOBOCAN 2012 v1.1, Cancer Incidence and Mortality Worldwide: IARC CancerBase No. 11 [Internet]. Lyon, France: International Agency for Research on Cancer; 2014.
http://www.wcrf.org/int/cancer-facts-figures/data-specific-cancers/colorectal-cancer-statistics
4: http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/81-1a2.pdf

カリフォルニア産のくるみには、非常に多くの健康効果をもたらすことがわかっている重要な栄養素が豊富に含まれています。くるみは、健康に不可欠な植物由来のオメガ3脂肪酸であるαリノレン酸(ALA)を含む唯一のナッツ類で、ひとつかみのくるみ(28g)を食べれば、マグネシウム、カルシウム、たんぱく質、食物繊維など、必須栄養素を摂取できます。
カリフォルニア くるみ協会は様々な調査研究を支援してきており、その成果は175以上の学術誌に発表されています。

カリフォルニアくるみ協会のサイト( http://www.californiakurumi.jp/ )には、くるみレシピのアイデアをはじめ、くるみの栄養や健康に関する様々な情報が掲載されています。

●食物繊維が豊富な野菜やくるみを使った簡単でおいしいレシピ例
くるみ入りハンバーグ 山菜添え
http://www.californiakurumi.jp/recipe/recipe_detail?recipe_id=313

鮭と野菜のくるみみそ煮
http://www.californiakurumi.jp/recipe/recipe_detail?recipe_id=243