2011年の研究発表

くるみは学生の脳の力を高める可能性を発見

2011/09/19 認知症

カリフォルニア くるみ協会(本部:カリフォルニア州フォルサム)は『ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・ニュートリション』9月号にて発表された米国アンドリューズ大学の研究者の最新の研究で、くるみは、「推論的論証能力」(特に間違いから正解を発見する能力)を改善することが判明したと発表しました。

くるみが乳がんのリスクを制御する可能性を発見

2011/09/07 がん

カリフォルニア くるみ協会(本部:米国カリフォルニア州フォルサム)は、先頃『ニュートリション・アンド・キャンサー』に発表された研究で、マウスにくるみを食べさせると乳がんの腫瘍の形成と増殖の両方が遅延することが新たに判明したと発表しました。

くるみが脳細胞を保護しアルツハイマー病の発症リスクを抑える可能性を示唆する新たな研究

2011/06/25 認知症

くるみ抽出物に、アルツハイマー病患者の脳内アミロイド沈着物の主成分アミロイドベータタンパク質(Aβ)が引き起こす酸化ストレスや細胞死から細胞を保護する作用があるという新たな発見が『ニューロケミカル・リサーチ』にて報告されました。