すべて
  • すべて
  • 栄養と健康
  • レシピ
  • くるみコラム
  • くるみについて
  • 研究発表
  • ニュース

上記よりカテゴリの絞り込みも可能です

検索

検索結果(件)

    野菜料理家 庄司いずみさんのお肉なしでも大満足!【くるみが決め手の豆腐バーガー】

    2017/11/09

    野菜料理家 庄司いずみさんのヘルシーで満足感大のベジタリアンバーガーレシピ。お肉なしでもボリュームがあり満足感があるので、ベジタリアンでない方にもおすすめです!トマトペーストを使用した特製くるみソースを加えるとさらに本格的な味わいに!

    野菜料理家
    庄司 いずみさん

    『non・no』『Lee』などの女性誌を中心にライターとして活躍する傍ら、出産をきっかけに自然食や菜食に興味を持ち始め、肉や魚を使わないベジタリアン料理を実践。オリジナルの野菜料理レシピをブログで紹介し、「ユニークでとっても簡単、かつ、おいしい」と評判に。現在はレシピ本の出版や雑誌などのメディアを通して野菜料理を紹介している。『庄司いずみ ベジタブル・クッキング・スタジオ』主宰。

    肉を使わないメインディッシュで、誰もがすぐに思い浮かぶメニューというと豆腐バーグでしょうか。タンパク質たっぷり、ついでにイソフラボンもとれて、ボリューム感も出る。お豆腐は、ベジメニューの強い味方!豆腐バーグは、ひき肉を混ぜて作るレシピもありますが、植物性だけでもOK!好みの野菜を何でもみじん切りにして豆腐と混ぜ、小麦粉などでつないでバーグ型に焼けばよいのだからお手軽です。

    豆腐バーグで問題となるのが、「あっさりしすぎて物足りない」という不満でしょうか。そんな時には我らがくるみ!ひき肉を混ぜる感覚で、きざんだくるみをたっぷりと豆腐のたねに混ぜ込めば、グーンと   ボリュームアップ!カリカリした歯ごたえがアクセントになりますし、風味も素敵。見た目はいつもの豆腐バーグですが、食べるとカリカリっとくるみがあたり、とてもリッチな味わいなのです。

    くるみが決めての豆腐バーガー

    【材料】2人分

    ・バーガーバンズ 2個(半分に切ってオーブンなどで温める) ・レタス 適量(ちぎる) ・トマト 適量(輪切りにする) ・パセリ お好みで ・添えの野菜 お好みで

    (A)
    ・木綿豆腐 2/3丁(約230g) ・干ししいたけ(香信しいたけなど、カサの薄いもの)12g(カサの部分をすり下ろす) ・くるみ 40g(ざく切り) ・油 適量

    (B)
    ・ピーマン 小1個(粗みじん切り) ・赤パプリカ 大1/4個(粗みじん切り) ・塩 小さじ1/3 ・小麦粉 大さじ2

    (C)
    ・トマトペースト大さじ3 ・みそ 大さじ1と1/2 ・くるみ(から煎りしたもの) 30g(ざく切り) ・豆乳 大さじ

    【作り方】
    ① (A)をボウルで混ぜておく。豆腐は水切りしなくて大丈夫。
    ② フライパンを熱してくるみをから煎りする。くるみからいい匂いがしてきたら、油少々を足し、Bの野菜を炒め合わせる。野菜がしんなりしたら塩で下味をつけ、火を止める。これと、小麦粉を①のボウルに入れて混ぜる。
    ③ きれいにしたフライパンに油を熱し、②の種を二等分してバーグ型にまとめ、両面をこんがり焼く。
    ④ バーガーバンズにレタス、③、トマトの順にのせ、混ぜ合わせたCの特製ソースをかける。これをもう一枚のバンズではさみ、盛りつける。

    •  

     

     

    好みの野菜を添えてどうぞ。残ったソースはディップのように、野菜につけてもおいしいですよ。

    •  

    WALNUT COLUMNS くるみコラム

    RECOMMENDED RECIPES 関連レシピ